ここから本文です

【速報】テックリンク、SNSを活用したサイネージ製品を投入

BCN 7月27日(水)16時17分配信

【速報】テックリンク、SNSを活用したサイネージ製品を投入

サイネージプレイヤーBILLBOARDを持つ坂 代表取締役CEO

 テックリンク(坂憲一代表取締役CEO)は7月27日に都内で記者会見を開き、デジタルサイネージソリューション「BILLBOARD」を発表した。8月1日より販売を開始する。

【写真入りの記事】

 BILLBOARDは米国Enplug社が提供するソフトウェアを活用した、双方向コミュニケーションをコンセプトとするSNS統合型のデジタルサイネージソリューション。ディスプレイにサイネージプレイヤーBILLBOARDを接続することで、Enplugが提供するソフトウェアを表示、配信できるようになる。EnplugではFacebook、Instagram、TwitterなどSNS上の動画・静止画や天気予報・交通情報・Googleマップなど、連携するさまざまなアプリケーションの情報を配信しており、クラウド上の管理コンソールからディスプレイに表示する情報を管理できる。

 今回、インバウンドソリューションとしてJTB首都圏の東京ツーリストインフォメーションセンター有楽町へ、またスキー場向けソリューションとして川場リゾートへの採用が決まったことで、正式リリースとなった。参考価格は、サイネージプレイヤーBILLBOARDが13万5000円。Enplugソフトウェアの基本ライセンス使用料は月額1万8千円で、年間契約として提供する。一部有償のアプリケーションもある。Enplug対応アプリケーショを順次増やしていく予定で、テックリンクは初年度300ライセンスの販売を目指す。

 「メールタンク」をはじめとしたメッセージ関連の製品を投入してきたテックリンクが、Enplug社と交渉を開始したのは2013年から。当時、Enplug社はTVやモニターなど多くのディスプレイにより効果的なメッセージを発信するため、消費者にとって価値がある「各自のスマホに表示されている情報」を、既存のディスプレイインフラに配信していたが、米国のみにとどまっていた。交渉後の翌年には、日本市場向け共同プロジェクトがスタート。今回、日本語フィルタリング機能を開発することで、商品化に至った。Enplug社としては、今回が初の日本展開となる。

 会見に登壇したテックリンクの坂代表取締役は、「多くの企業がディスプレイから発信している情報よりも、視聴者の目は各自のスマホに向けられている。ディスプレイを見てもらうにはスマホに勝つのではなく、スマホの情報をうまく利用することが大切。BILLBOARDを活用してディスプレイに目を向けてもらうことで、企業がディスプレイから発するメッセージをより多くの方々へ届け、『企業が消費者にとって意味ある会社になること』を実現する」と、今回の製品が目指す方向性を語った。

最終更新:7月27日(水)16時17分

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]