ここから本文です

ポケモンGO人気にあやかれ 新北市、「寺廟版」探索地図を発行へ/台湾

中央社フォーカス台湾 7/27(水) 15:15配信

(新北 27日 中央社)全世界で一世を風靡しているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」。新北市政府民政局はこのブームを利用して若者に宗教文化に親しんでもらおうと、市内にある多数の寺廟とコラボレーションしたポケモン探索地図の発行を計画している。

台湾ではポケモンGOはまだリリースされておらず、探索地図はリリース後の発行を予定している。ゲームではタマゴをふ化させる際に一定の移動距離を稼ぐ必要があることから、探索地図上には距離数が表示される。

同局の江俊霆局長によれば、市に登録されている寺廟は965カ所に上る。各寺廟に対し、ポケモンを捕まえに来るゲーム利用者を呼び込めるようなものを周辺に配置するよう促すことで、多くの人に宗教文化の魅力を体験してもらいたいとしている。

新北市道教会の楊淑玲総幹事は、多くの神様が精霊や神獣を服従させる修練を積み重ねてきたことに触れ、これはゲームの仕組みと似ていると言及。寺廟とポケモンGOのコラボが実現すれば、話題を呼ぶだけでなく、寺廟文化の普及にもつながるだろうと期待を示した。

(周霈レイ、黄旭昇/編集:名切千絵)

最終更新:7/27(水) 15:15

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。