ここから本文です

【ベトナム】北関東3県のアンテナショップ、31日に開設

NNA 7月27日(水)8時30分配信

 茨城、栃木、群馬の3県は、今月31日にハノイの商業施設「イオンモール・ロンビエン」にアンテナショップをオープンする。3県の県産品のテストマーケティングやPRなどを行い、販路開拓を目指す。
 アンテナショップは来年2月下旬までの期間限定で開設。「ジャパニーズ・フード&ギフトショップ 茨城・栃木・群馬」の名称で、酒類や加工食品、工芸品などを取り扱う。順次品目を増やし、各県30品目を扱う予定。店舗面積は約49平方メートル、営業時間は平日が午前10時~午後10時、土日祝日は午前9時~午後10時。31日にはオープニングイベントを開催する。
 物販のほかに、観光PRも行う予定で、3県の主要観光地の写真パネルや、サッカーJリーグ2部(J2)の水戸ホーリーホックに在籍するベトナム人のグエン・コン・フオン選手の等身大パネルなどを設置する。フオン選手が茨城県の観光地や食を紹介するDVDを作成して、アンテナショップで上映する予定という。
 また3県は物販する商品を中心に現地のバイヤーやレストランに売り込むための専門の担当者を配置するほか、現地のバイヤーを3県に招聘(しょうへい)して商談会を開催する計画を立てている。

最終更新:7月27日(水)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。