ここから本文です

VAIO、PCの海外販売地域をアルゼンチン、チリ、ウルグアイに拡大

BCN 7月27日(水)17時39分配信

 VAIO(大田義実代表取締役)は7月26日、海外事業の成長を目指してアルゼンチン、チリ、ウルグアイでVAIO PCの販売を順次開始すると発表した。これにより、海外の販売地域は、現在すでにビジネスを行っている米国、ブラジルに加え計5か国となる。

 アルゼンチン、チリ、ウルグアイは、VAIOブランドに対する期待値が高い地域で、昨年9月からスタートしたPOSITIVIO INFORMATICA S.A.によるブラジルでのビジネスモデルが成功していることから、今回の販路拡大を決定した。

 アルゼンチンでは、「VAIO Z」「VAIO Pro 13G」「VAIO Fit 15F」を取り扱い、今年9月から発売する予定。販売はInformatica Fueguina S.A.が担当する。チリとウルグアイについては、17年の年初からスタートする予定で、販売はMUSFER S.A.が担当する。

最終更新:7月27日(水)17時39分

BCN