ここから本文です

【クイーンS】テルメディカラカラ好仕上がり 鞍上に名手ルメール

デイリースポーツ 7月27日(水)6時59分配信

 「クイーンS・G3」(31日、札幌) 

 軽視は禁物だ。準オープンから格上挑戦するテルメディカラカラが、北の女王決定戦に照準を定めて好仕上がり。20日の函館芝では5F66秒0-37秒7-12秒1とシャープな動きを披露し、目下の出来の良さを伝えた。

 以前は使い減りするタイプだったが「けさで470キロ(前走時は460キロ)。栗東から入念に乗り込んできたが、全く減らなかった」と間宮助手。4歳夏を迎えて、馬体に実が入ってきた。

 母は8歳にして09年阪神牝馬Sを制したジョリーダンス。今後の飛躍が楽しみだ。「これで負けたら仕方がないと言える出来。来年のヴィクトリアマイルを目標にしているので、ここらでいい競馬をしてほしい」と仕上げ人。名手・ルメールとのコンビが非常に不気味だ。

最終更新:7月27日(水)8時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]