ここから本文です

さあ、行きますよ!“フリーザ声優”演じる悪ウサギと主人公が協力?「ペット」本編映像入手

映画.com 7月27日(水)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 「ミニオンズ」を手がけたイルミネーション・エンタテインメントとユニバーサル・スタジオが再タッグを組んだ長編アニメーション「ペット」の日本語吹き替え版本編映像が、公開された。お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統と日村勇紀が演じるイヌのマックスとデュークが、“元ペット軍団”のボスでウサギのスノーボール(声:中尾隆聖)と出会うシーンを切り取っている。

バナナマンがコミカルな掛け合いを披露!「ペット」本編映像はこちら!

 ニューヨークを舞台に、個性あふれるペットたちが飼い主の留守中に大冒険を繰り広げるさまを描く。全米では、オリジナルアニメーション作品として史上最高のオープニング成績となる興行収入約1億435万ドルを記録し、首位デビューを飾った。

 散歩中に迷子になったあげく、保健所の職員に捕獲されてしまったマックスとデューク。トラック内のオリの中で途方に暮れていた2匹の元に、同じく捕らえられていた仲間を救出しようとスノーボールが突入してきたため、マックスとデュークは嘘をついて人間嫌いのスノーボールに取り入り、オリから出してもらおうとする。「俺ら、元ペット軍団だ。飼い主に捨てられた恨みを晴らしにいくのさ!」といきり立つスノーボールに対し、マックスとデュークは「首輪は焼いた」「飼い主を殺した」と口からでまかせを並べ立てる。設楽と日村のテンポの良い掛け合いが見られると共に、アニメ「ドラゴンボール」の敵キャラクター・フリーザの声優で知られる中尾が、人間によって性格が屈折したスノーボールをテンション高く演じている。

 「ペット」は、佐藤栞里、永作博美、宮野真守、梶裕貴、沢城みゆき、銀河万丈、山寺宏一らが日本語吹き替え声優を務める。8月11日から全国公開。

最終更新:7月27日(水)12時0分

映画.com