ここから本文です

台湾の上場企業、半数以上が株主総会で電子投票採用

中央社フォーカス台湾 7月27日(水)18時3分配信

(台北 27日 中央社)企業統治(コーポレートガバナンス)の強化に取り組んでいる台湾証券取引所は25日、約3年前の評価制度の導入以降、株主総会のあり方が大きく改善していると成果を強調した。

台湾証券取引所の統計によると、今年の株主総会で電子投票を採用していた上場企業は475社と前年比で86%増加し、全体の半数を上回った。また、同取引所開設のウェブサイト「公開情報観測ポスト」を通じて、総会当日に決議の結果を公開する上場企業は約65%に達した。

このほか、英語版の年次報告書、招集通知などを用意する上場企業もそれぞれ増加している。

(田裕斌/編集:杉野浩司)

最終更新:7月27日(水)18時3分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。