ここから本文です

柔道・原沢 リネール攻略に自信あり!

東スポWeb 7月27日(水)10時0分配信

 リオデジャネイロ五輪で大きな“使命”を帯びているのが、柔道男子100キロ超級代表の原沢久喜(24=日本中央競馬会)だ。最重量級ではテディ・リネール(27=フランス)がニッポン柔道から「世界最強」の称号を奪って長らく君臨。絶対王者をどう倒すのか、原沢を直撃した。選考レースに出遅れ、世界選手権出場経験もない“究極の追い込み馬”は、リオを「凱旋門賞」と位置づけて奇跡を起こす。

 ――今月上旬のスペイン合宿でリネールと2回、乱取りした。2年前に日本で練習して以来の“対戦”だったが、感触は

 原沢:以前は組み手もさばかれて、なかなか自分の形になれないことが多かった。対応できるようになっていたし、何回かチャンスもあった。自分の得意な形になる部分はあった。少し自信はついたかなと思います。

 ――これまで試合での対戦経験はない。五輪へ戦略は立てられたか

 原沢:内股、内股じゃかからないと思う。もつれ際だとか組み際が勝負になってくる。勝負は後半かなと。最初はしのいでって感じですよね。前に出ていく柔道、積極性という部分ではリネール選手を上回っている。

 ――全日本男子の井上康生監督(38)からアドバイスは

 原沢:スペイン合宿で練習の空き時間に組み手のことだったり、いろいろ教えてもらいました。前々からそうですけど、より細かい部分を教えてもらっている。

 ――ロンドン五輪で男子は金メダルゼロに終わった

 原沢:実家で見ていました。外国人も強くなって、簡単には取れないとすごく思いました。(リネールは)「他の試合と雰囲気違うな」というのはありましたね。スペインで見た時も、すごい体を絞って合わせてきていると思いました。

 ――最重量級は日本にとって特別な階級だ

 原沢:意識していますし最重量級という自覚は持っているんですけど、そこを意識しすぎても自分の柔道ができなくなってしまう。リネール対策ばかりやってても、そこまで行けなかったら何の意味もなくなる。配分的にはリネール選手もほかの選手も変わらないくらい対策をやっています。

 ――メダルを取ったらJRAの表彰式プレゼンターも希望している

 原沢:(所属が)JRAなんで、そういうのもできたらいいなと思います。どこでも引き受けます。有馬記念とか、日本ダービーとか、デカいところでできたらいいですけどね(笑い)。

 ――五輪を競馬のレースに例えると

 原沢:やっぱり凱旋門賞ですね。国際的な大会なので。今、ボクはまだ中盤ぐらいです。最終的には追い越したい。目標は金メダル。金だけですね。今はリネール選手が最強なので、それを倒したい。

 ――柔道の魅力とは

 原沢:人が人を投げるっていうのはなかなかほかのスポーツにはない。組み合って、激しさとか豪快さが見られるスポーツかなと思います。スカッとしますね。

 ――柔道にのめり込んだのはいつ

 原沢:(日本)大学になって高校とは違う上の世界を見て、そこで結果を残せるようになってきてのめり込んだ。それまではのめり込んでなかったです。「やめてーな」ぐらいの感じでした(笑い)。

 ――オフは

 原沢:基本的には、そんなに外出したりしないですね。中でゴロゴロするか、友達とお酒飲みに行くかです。

 ――現役はいつまで

 原沢:東京五輪まではやりたい。まだ強くなれると思っている。東京五輪までしっかり出てメダル取って、あとはゆっくり暮らしたいです。

 ☆はらさわ・ひさよし 1992年7月3日生まれ。山口・下関市出身。6歳から柔道を始め、日新中→早鞆高→日大と進学し、日本中央競馬会(JRA)へ。2015年全日本選手権優勝。選考レースでは国際大会で破竹の7連勝を果たし、逆転でリオ五輪代表に選出された。得意技は内股。191センチ、123キロ。

最終更新:7月27日(水)10時9分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]