ここから本文です

【POG】リュネット初陣Vへ乗り込み十分 父は米G1・2勝

デイリースポーツ 7月27日(水)6時59分配信

 「新馬戦」(31日、新潟)

 リュネット(牝、父キトゥンズジョイ、美浦・手塚)が日曜新潟6R(芝1400メートル)でデビューする。父は米G1・2勝を含む重賞7勝。現役引退後は種牡馬として13年の北米リーディングサイヤーに輝いている。日本での代表産駒に重賞戦線で活躍中のダッシングブレイズがいる。

 手塚師は「もう少し力強さが欲しいけど、脚さばきが軽くて芝向きのタイプ。背中の感じ、動きはいいよ」と評価する。

 美浦芝での1週前追い切りは5F67秒5-12秒1を計時。矢嶋助手は「乗り込み量は十分。仕上がりはいいし、悪い競馬はしないと思います」と期待を寄せる。開幕週の新潟で初陣Vを目指す。

最終更新:7月27日(水)7時58分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ