ここから本文です

中村勘九郎、ハードな主演舞台再演に「マジか」と戦々恐々

cinemacafe.net 7月27日(水)15時45分配信

同時期に映画版も公開される舞台「真田十勇士」の制作発表会見が7月27日(水)都内で行われ、主演の中村勘九郎、共演の加藤和樹、篠田麻里子、高橋光臣、村井良大、駿河太郎、荒井敦史、栗山航、望月歩、青木健、丸山敦史、石垣佑磨、山口馬木也、加藤雅也、浅野ゆう子、脚本家のマキノノゾミ、演出の堤幸彦が出席した。

【画像】中村勘九郎&堤幸彦監督

2014年に“日本テレビ開局60周年特別舞台”として上演された同名舞台を、パワーアップさせて再演。戦国時代の名将と称えられる真田幸村は実は非力な人物で、数々の武功は十勇士の一人である猿飛佐助だった…という大胆な発想で描かれるもう一つの歴史物語になる。

再演続投に勘九郎さんは「運動量も大変なので『マジか』と思いました。映画化が決まったら、再演もくっついてきちゃった。『これはマジか』というのが素直な意見です」と激しい殺陣に戦々恐々で、堤監督は「今回の舞台は一言でいうと“大変”。前回は人間の可能性の120%が出た。でも人間は慣れる動物なので、今回は140%くらいいけるでしょ。過酷な稽古になると思うので、身の安全は自分で確保してください」とドS宣言。出演者がどよめく中、勘九郎さんは「再演は初演と比較されがちだけれど比較する必要がないくらい物凄いことになるはず。“真田”イヤーに乗っかって、映画、舞台とやっていきたい」と覚悟を決めていた。

AKB48卒業後初舞台出演の篠田さんは「このお話をいただいたときに、即決で『絶対にやりたい』と期待に胸を弾ませていました。でも先ほど堤さんから『大変だ』と言われて不安になりました」と心境を明かすも「でも大変だったり、不安だったり、『無理だ』と言われると燃えてくる。これを最後の仕事だと思うくらいの気持ちで乗り越えていきたい」と不退転の構え。演じる火垂は、映画版では元AKB48の大島優子が務めるが「話はしていて『舞台を頑張ってね、観に行くね』と言われました。同じ仲間として映画と舞台を盛り上げていけるのは嬉しい」と声を弾ませた。

初演時からの続投キャストが「大変だった」「怪我をしないように」などと苦労を口にする中で篠田さんは「凄く楽しみにしているので、私にしか出来ない火垂を演じたい」と前向きで「このお話をもらったときからやると決めていたので、体力をつけようと思って100mダッシュや心拍数を上げる練習、ジャンプの練習を個人的にやっています」と準備は万端。ワイヤーアクション演技にも初挑戦することもあり、勘九郎さんからは「恐怖心をなくすこと。スタッフとの信頼関係が大切。まあ、大丈夫っすよ!」とアドバイスを受けていた。

舞台「真田十勇士」の東京公演は、新国立劇場で9月11日(日)から10月3日(月)まで。

最終更新:7月27日(水)15時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。