ここから本文です

新垣結衣、10月期ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で主演

映画ナタリー 7月27日(水)6時0分配信

新垣結衣が、海野つなみの同名マンガを原作としたテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で主演を務めることがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、雇用関係を結んで契約結婚した男女を描くラブコメディ。新垣が演じる彼氏なし、仕事なし、現在は休職中という主人公・森山みくりが、真面目な独身サラリーマン・津崎のもとに“就職先として”嫁ぐことから始まる騒動を描く。

脚本の筆を執るのは「図書館戦争」シリーズやテレビドラマ「空飛ぶ広報室」「重版出来!」の野木亜紀子。演出には「木更津キャッツアイ」シリーズや「大奥」シリーズの金子文紀、「ハナミズキ」「ビリギャル」の土井裕泰、「映画 クロサギ」「花より男子ファイナル」の石井康晴らが名を連ねた。出演にあたり、新垣は「新しいラブコメディのような、ビジネスコメディのような、今の時代の象徴でもあるような、楽しいドラマになると思います」とコメントしている。

「逃げるは恥だが役に立つ」はTBS系の火曜ドラマ枠で10月より放送開始。

新垣結衣 コメント
「契約結婚」から始まる、みくりと津崎たちとの一風変わったお話です。新しいラブコメディのような、ビジネスコメディのような、今の時代の象徴でもあるような、楽しいドラマになると思います。みくりたちがあれこれ試行錯誤する姿を見て、共感したりクスッと笑っていただけるように頑張りたいと思います。

海野つなみ コメント
まだドラマ化も決まってない初期のころから、友だちと勝手に妄想キャスティングで「みくりちゃんは新垣結衣ちゃんとかどう?」「いやーガッキーがやってくれるなら百点でしょ!」とのんきに言っていたので、本当に新垣結衣さんでドラマ化と聞いた時はとてもうれしかったです。 しかも、私の大好きな作品を作ってこられたスタッフさんで、もう楽しみしかありません。TBS火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、 略して「逃げ恥」、皆様どうぞよろしくお願いします。

最終更新:7月27日(水)6時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。