ここから本文です

入野自由&早見沙織ら『聲の形』アフレコレポ到着!原作者も演技を絶賛

cinemacafe.net 7月27日(水)16時0分配信

「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位、や「手塚治虫文化賞」新生賞を受賞した大今良時の名作を映画化する『聲の形』。この度、本作のアフレコが行われ、入野自由、早見沙織ほか声優陣の感想コメントが到着。併せて劇中の追加場面写真が解禁された。

【画像】『聲の形』追加場面写真

ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。「いい奴ぶってんじゃねーよ」。自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。やがて5年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。「俺と西宮、友だちになれるかな?」再会したふたりは、いままで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。

声優陣には、小学生の頃はガキ大将、しかし硝子とのある出来事以来周囲から孤立してしまう石田将也役に入野さん、先天性の聴覚障害を持つ少女・西宮硝子役に早見さん。小学生時代の将也役に松岡茉優、硝子の妹・結絃役に悠木碧、高校での将也のクラスメイト役に小野賢章と豊永利行、小学校時代の将也のクラスメイトに金子有希。そのほか、石川由依、潘めぐみが出演する。

先日解禁となった予告編では、ついにキャラクターに声が吹き込まれた映像がお披露目。そしてaikoが歌う主題歌「恋をしたのは」も収録され、話題を集めた。

このほど、本作のアフレコが行われ、入野さんは「監督と最初にお話ししたときに言っていた、人と人とが繋がりたいのにそうなれない、伝えたいけど伝えられないという部分の“人の内側にある葛藤”を大切にしていきたいと考えながら演じさせていただきました。最初は指針を決めるまでが大変でした」と苦労を語る。そんな入野さんを大今氏は「入野さんは将也をちゃんと主人公にしてくれました。将也がどんな声をしているかは実は正直わからなかったんですけど、聞いたときはかなりしっくりきました。ストレスを感じない声というか、演技というか、もしかしたら漫画の読者の人たちが脳内再生していた声ってコレだったのかもしれないなあと思うくらいでした」と絶賛。

一方、聴覚障害を持つ少女を演じた早見さんは「しゃべり方や声の出し方など技術的な面も難しかったですし、アフレコ現場は静かな湖畔みたいな澄み切っている空気で、わずかなものの動きとかがすごく伝わってくるんです。でも硝子として聞こえていないはずのものをひとつひとつ気にしてしまうと、まったく思っていたものと違う声をあててしまうこともありました」と今回の役ならではの難しさを語った。そして大今氏は「早見さんの演じる硝子の声を聞くたびに感じる緊張感、それはまさに本当の聴覚障害者の方の声を聞く時に感じる緊張感でした。ものすごくリアル。もうすこし、アニメ用というか、演技っぽく感じるもになるのではと思っていたので、とても驚きました」と圧倒されたようだ。

さらに、アフレコ内で「一番イケメンにしてください」と注文が入ったという悠木さんは、「あまりイケメンを担当したことが無かったので、精一杯背伸びしています(笑)」と話し、そのほかのキャストも、「お調子者だけど仲間想いで真っ直ぐ。愛されキャラなので良いやつだなぁ~と思ってもらえるように気を付けて演じました」(小野さん)、「誰かのせいにしたい、訳じゃない。自分の思う正義を振りかざした結果、人を傷つけてしまう。彼女の言葉や気持ちに嘘がないからこそ、えぐられるものがあるというか。その不器用さが愛おしくもあり、難しかったところですね」(潘さん)、「真柴くんもほかのキャラクターと同じ様に、過去に大きな闇を抱えている子なので、表にどれだけその要素を含めるか、また隠すか、そこのバランスをリアルに演じることが難しかった」(豊永さん)と、それぞれ感想を寄せた。

『聲の形』は9月17日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

最終更新:7月27日(水)16時0分

cinemacafe.net