ここから本文です

サットン・フォスター、来日公演に向けてのメッセージ動画を公開

CDジャーナル 7月27日(水)17時20分配信

 2度の〈トニー賞〉受賞を果たしているトップ・ブロードウェイ俳優、サットン・フォスター(Sutton Foster)が、日本では初となるソロ・コンサートを8月に開催。8月1日(月)大阪・サンケイホールブリーゼ、3日(水)神奈川県民ホール 小ホール、4日(木)・5日(金)東京国際フォーラム ホールCの全4公演が発表されています。

 来日に先駆け、YouTube(youtu.be/FPoUcK4LCkA)では来日に向けてのメッセージ動画を公開中。「とてもとても興奮しています、そして皆はどんなショーになるのだろうと思っていますよね?ブロードウェイで歌って来た数々の楽曲をはじめ、いま丁度作っている新しい楽曲、そして私のお気に入りの歌も歌います。私が聞きながら育ったポップ・ソングやクラシック・ソング、子供だった頃を思い出すようなそんな楽曲もやります。今回は間違いなく私の集大成となります。間違いなくアーティストとしての私、ひとりの人間としての私を現すようなそんなステージになります。本当に本当にあなたがたの素晴らしい国、街、日本に行く事を楽しみにしています。今回は最高の思い出になるような素晴らしい旅になると思います」と公演への意気込みを語っています。

最終更新:7月27日(水)17時20分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。