ここから本文です

レアル、19歳の中国人FW手放さず 11億円オファーも拒否

ISM 7月27日(水)17時43分配信

 レアル・マドリーは中国人FWリン・リャンミン(19)を高評価しており、1000万ユーロ(約11億5000万円)の獲得オファーを断ったようだ。スペイン『AS』紙(電子版)が現地時間26日(以下現地時間)に伝えている。

 レアルは昨夏、広州恒大や山東魯能との争奪戦を制し、広州富力(以上中国)から30万ユーロ(約3500万円)でリン・リャンミンを獲得。広州富力は当時、元ヘタフェ(スペイン)のコスミン・コントラ監督が指揮をとっていた。

 『AS』によれば、昨季フベニールAでプレーしたリンにはすでに700万ユーロ(約8億1000万円)のオファーが届いていたが、レアルはこれを拒否。さらに今回、河北華夏(中国)からの1000万ユーロのオファーがあったが、これも断ったとのこと。

 河北華夏はFWエセキエル・ラベッシ、FWジェルヴィーニョ、MFステファン・エムビアといった欧州のトップクラスでプレーしていた選手たちを擁している。

 左のウイングを主戦場とするリン・リャンミンは今夏、カスティーリャ(Bチーム)での試合に出場。サンティアゴ・ソラリ監督の初陣となったヒムナスティカ・セゴビアナ戦に先発し、45分間のプレーでスピードやボールを持った際のアジリティなど、そのポテンシャルを発揮した。

 同選手が新シーズン開幕までに、ソラリ監督にアピールする機会はあと4試合。カスティーリャの次戦は30日に予定され、レガネスと対戦する。

最終更新:7月27日(水)17時43分

ISM