ここから本文です

<CBCテレビ>開局60周年公式ソング完成 プロデューサーDJ RYOWは「新しい出会い」に期待

まんたんウェブ 7月27日(水)19時0分配信

 今年開局60周年を迎えるCBCテレビ(名古屋市中区)の開局60周年プロジェクト「60(ロクマル)サンキュー!」の公式ソングが完成した。「感謝」をテーマにしたヒップホップミュージックで、タイトルは「ありがとう」。作曲とプロデュースを手がけた岐阜県大垣市出身のヒップホップアーティスト、DJ RYOW(リョウ)さんは、名古屋市内のスタジオでレコーディングの合間に取材に応じ、曲について「どんな年代の人にも伝わると思う。(テレビを通じて)いろいろな人に聞いてもらえることがうれしいですね。今まで出会っていない人に出会えたら」と新しい出会いに期待した。今後、同プロジェクトの関連番組やイベントなどで使用される。

【写真特集】インタビューに応じたDJ RYOWさんら

 「ありがとう」は、歌手のJASMINE(ジャスミン)さんがメインボーカルを務め、愛知県知多郡出身のラッパーSOCKS(ソックス)さんがラップを担当。歌詞は、視聴者から「誰かに感謝の気持ちを伝えるためのフレーズ」を募集し、そのフレーズを基にJASMINEさんとSOCKSさんが書き上げた。12歳から68歳まで100通を超える応募があったという。8月24日にiTunes、レコチョクなどで配信される。

 CBCテレビの今泉昌也プロデューサーは「これまで“周年ソング”を作った経験はありましたが、ヒップホップのジャンルはありませんでした」といい、今回ヒップホップを採用した理由を「60周年を機に、これまで大切にしてきたことはそのままに、新たな取り組みを始めるという意味で選びました」とコメント。さらにヒップホップが「地域性を重んじる(地元を大切にする)ことが特徴であること」「日本でいま再び注目されていること」も理由に挙げた。

 またRYOWさんの起用理由について「地元出身で名古屋をベースに活動しつつも、全国、海外でも評価が高いDJであること、さらに動画再生数が100万回を超えるなど、今の時代にふさわしい」と語っている。

1/2ページ

最終更新:7月27日(水)19時2分

まんたんウェブ