ここから本文です

【男子テニス】フェデラー五輪断念 今季の残り試合すべて欠場

東スポWeb 7月27日(水)11時21分配信

 男子テニス世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(34=スイス)が26日、ヒザの故障を理由に今季残りの試合を全て欠場すると発表した。来月のリオ五輪も有力な金メダル候補だったが、出場を断念。今季は治療に専念し、来季からの復帰を目指す方向だ。

 来月35歳となるフェデラーは自身のフェイスブックに「極めて残念だが、リオ五輪のスイス代表としての出場と、今季残る全試合の欠場を発表する」と投稿。担当医からは「今後数年間プレーをしたいのなら、ヒザと体の回復に努めるべきだ」と勧告されたことを明かした。今年2月にヒザの手術を受け、5月の全仏オープンは腰の故障で欠場。五輪は2000年シドニー大会からシングルスで銀メダルを獲得した12年ロンドン大会まで4大会連続で出場していた。

最終更新:7月27日(水)11時27分

東スポWeb