ここから本文です

有村架純「レイトン教授」新作ヒロインに!坂口健太郎、黒木メイサらが声優

シネマトゥデイ 7月27日(水)18時41分配信

 女優の有村架純が人気ゲームソフト「レイトン教授」シリーズの続編「レディレイトン 富豪王アリアドネの陰謀」で、レイトン教授の娘カトリーエイル・レイトンの声を担当することが27日、舞浜アンフィシアターで行われた「LEVEL5 VISION 2016」で発表された。有村以外にも役所広司、坂口健太郎、黒木メイサら豪華キャストが声優を務める。

 本シリーズは2009年に『映画 レイトン教授と永遠の歌姫』として劇場アニメ化もされた人気ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャーゲーム。最新作「レディレイトン 富豪王アリアドネの陰謀」のナゾ開発は「ゴースト暗算」の岩波邦明が担当。主人公はレイトン教授から、娘のカトリーエイルに変更された。対応機種は、ニンテンドー3DS、iOS、Android。テーマ曲はその名こそ明かされなかったが、大物女性アーティストが担当することが決定しているといい、シリーズ10周年となる2017年の春に発売を予定している。

 イベントではアフレコの収録風景やボイスキャストのインタビューをおさめた映像も紹介。有村は、「収録はとっても難しくて……何回か声優のお仕事をさせてもらっているんですけど、毎回難しいなと思いながらやらせてもらっています。皆さんが気に入るカトリーになれているかわからないんですけど、楽しんで見ていただけたらうれしいです」とファンに向けてメッセージを寄せた。

 カトリーエイルの助手でしゃべる犬シャーロ役の役所は、「犬という役。とても楽しみにしていました。セリフ的には漫才のつっこみのようなセリフが多く、楽しくやらせてもらいました」と笑顔。ロンドンの天才分析官、一流プロファイラーのジェラルディン・ロイヤー役の黒木も「緊張したんですけど、自分の役を膨らませてすごく楽しく演じさせてもらえたと思っています」と胸を張り、カトリーの助手のさえない若者、ノア・モントール役の坂口も「料理でいうとピリッとスパイスのようなポジションなんだろうな……」と自身の役を照れくさそうに分析していた。(取材・文:名鹿祥史)

「レディレイトン 富豪王アリアドネの陰謀」は2017年春発売予定

最終更新:7月27日(水)18時41分

シネマトゥデイ