ここから本文です

山崎亮汰さん(安積黎明高)喜び新た 米音楽コンクールピアノ部門優勝で会見

福島民報 7月27日(水)9時42分配信

 米オハイオ州で開催された世界最高レベルのジュニア音楽コンクール「トーマス&エヴォン・クーパー国際コンクール」ピアノ部門で優勝した山崎亮汰さん(17)=郡山市・安積黎明高3年=は26日、東京のかつしかシンフォニーヒルズで記者会見を開いた。これまでの経験を演奏で表現し、評価されたと大会を振り返った。
 名門オーケストラと共演した喜びを語り、長所を伸ばしてピアニストとして活躍する意欲を示した。

■今後も努力重ねる

 山崎さんの記者会見での主なやりとりは次の通り。

 -最終審査コンチェルト・ファイナルで演奏した感想は。
 「想像以上に素晴らしいホール、(名門オーケストラの)クリーブランド管弦楽団に圧倒された。演奏できるのがうれしくて、一生懸命に弾いた」

 -どんな部分を評価されたと感じているか。
 「これまでに音楽やさまざまな分野で重ねてきた経験を演奏で表現した。それを評価してもらえたのではないか」

 -自分の長所は。
 「普段の練習では出ないような感情が本番の演奏に表れるタイプだと思っている」

 -将来どんなピアニストになりたいか。
 「技術的に優れたピアニストは多い。長所を伸ばし、聴衆に伝えられるようにしたい」

 -県民にメッセージを。
 「できるだけ多くの人たちに自分の演奏を聴いてもらいたい。今後も努力を重ねる。福島でコンサートを開催できれば、ぜひ来てほしい」

福島民報社

最終更新:7月27日(水)10時49分

福島民報