ここから本文です

阪神・金本監督、鳥谷スタメン当面見合わせ「中途半端な形で戻したくない」

デイリースポーツ 7月27日(水)6時59分配信

 「阪神5-3ヤクルト」(26日、甲子園球場)

 阪神・金本知憲監督は試合後、鳥谷敬内野手の起用方針を明確にした。24日の広島戦(マツダ)で、667試合連続フルイニング出場の主将をスタメンから外し、この日もベンチスタートさせた。八回の守備から遊撃で途中起用し、その裏には安打も放ったが、当面はスタメン起用を見合わせるという。

【写真】やっと笑えた?久々連勝に明るい表情でハイタッチする鳥谷

 「早くバッティングの感じを戻してね。モチベーションと(打撃の)数字を上げて自信を取り戻すまでは…。中途半端な形で戻したくないんでね」

 鳥谷の連続試合出場はこの夜、1703試合まで伸びた。自身の記録1766試合には来季、到達可能。指揮官は「連続試合についてはモチベーションのこともある」と継続させる意向だが、スタメン復帰については、分かりやすく「復調=結果」を条件に挙げた。

 「また同じことになると、次は本人もショックを受けるかもしれないし、そういう配慮もあって、しばらくは…と思っています」

 主将らしく、スタメン復帰を飾ってほしいと虎将は願っている。

最終更新:7月27日(水)8時11分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。