ここから本文です

アルパインが車載システム開発に「Watson IoT」を活用、快適なドライブの実現へ

MONOist 7月27日(水)7時25分配信

 アルパインと日本IBMは2016年7月26日、自動運転時代を見据えた次世代車載システムの開発に着手したと発表した。アルパインの車載機器と、IBMの自動車業界向けIoTソリューション「Watson IoT for Automotive」を組み合わせ、多様でダイナミック(動的)な情報を活用しながら、ドライバーや同乗者に合わせて快適なドライブを提供するシステムになるという。

【小型電気バス「Olii」の採用事例などその他の画像】

 次世代車載システムの機能例として、ドライバーの運転志向や傾向にあった経路を学習してのルート案内などを挙げている。さらに、ソーシャル情報や嗜好を分析することによる経由地/目的地の提案といった活用も検討中だ。「多様化するニーズに対応することにより、日常の生活スタイルと車室内をシームレスにつないで人々のカーライフを自然な形で支援する」(両社)としている。

 同日東京都内で開催されたWatson IoT事業ビジネス説明会では、自動車業界向けに展開を強化しているWatson IoT for Automotiveについて説明した。日本IBMはこれまでに、ホンダのF1レースカー開発(関連記事:ホンダのF1パワーユニットが「IoT」に、IBMが協力)や、富士重工業の高度運転支援システム開発(関連記事:次世代「アイサイト」は人工知能「Watson」を活用へ、富士重工業とIBMが協業)への採用を発表している。今回の会見で明らかにしたアルパインの採用事例がさらに加わった格好だ。

 会見では、人工知能「IBM Watson」を乗客向けインタフェースに用いた、小型電気バス「Olii」の事例を紹介。Local Motors(ローカルモーターズ)製の3Dプリンタを活用した自動運転バスで、ワシントンDCや、マイアミ、ラスベガスなどで実証試験を始めているという。

 またWatson IoT for Automotiveの機能として、車両の運転動作に関する情報を収集する以外に、交通関連情報を集めて地図上に展開するコンテキストマッピングなどを提供しているとした。「さまざまな情報を動的にマッピングするソリューションも今後提供する予定」(日本IBM Watson IoT 事業部 事業部長の林健一郎氏)である。

最終更新:7月27日(水)7時25分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]