ここから本文です

「大学の先輩だ」、元韓国代表FWを脅迫、八百長ブローカーが裁判に=韓国

WoW!Korea 7月27日(水)11時6分配信

韓国プロサッカーチーム、光州FC所属で元韓国代表FWチェ・ソングク(元サッカー選手)を脅迫し、八百長を持ちかけたブローカーが裁判に移されることが決定した。

 ソウル中央地検は、チョン容疑者(39)を国民体育振興法違反、暴力行為など処罰に関する法律違反容疑で在宅起訴したと27日、明らかにした。

 チョン容疑者は、中国国籍のブローカー集団より八百長の提案を受け、イ容疑者(41、拘束起訴)らと共に八百長に共謀した疑いがもたれている。

 チョン容疑者は、韓国代表FWとして活躍していたチェ氏に対し、2010年6月2日に開催された城南FC戦で、敗戦するように試合を操作してほしいと要請。見返りとして2000万ウォン(約180万円)を渡した。チェ氏は同僚らと共に八百長に加担し、その代価を分配しようとしたが、試合結果は0-0の引き分けだった。

 試合結果(引き分け)に憤慨したチョン容疑者は、チェ氏に対し「どうして上手くできないんだ。城南FC戦の結果によって、多くの損害を被った。失った金を取り返したければ、次の試合では(操作を)成功させるためにオウンゴールでも入れろ。無理なら、退場処分になれ」と脅迫。また、自身を「大学の先輩だ」などと脅し、要求に応えるよう指示していたことがわかった。

 一方、八百長により当時、在宅起訴されたチェ氏は大韓サッカー協会より永久除名の懲戒を受けた。

最終更新:7月27日(水)11時6分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。