ここから本文です

建築物の省エネ評価で最高評価を取得した自走式駐車場、星5つを獲得

スマートジャパン 7月27日(水)6時10分配信

 地球温暖化対策として国際的な世論が高まる中、日本でも政府によるCO2削減につながる省エネへの取り組み強化の動きが広がりを見せている。CO2削減に向けて大きな課題となっているのが、ビルなどの建築物やオフィスの電力などを示す「業務その他部門」である。こうした「業務その他部門」の使用電力量削減を実現するための政策の1つとして生まれたのが「建築物省エネルギー性能表示制度(BELS:Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)」である。

 BELSは、国土交通省から示された「非住宅建築物に係る省エネルギー性能の表示のための評価ガイドライン」に基づき、第三者機関が非住宅建築物を対象とした省エネルギー性能などに関する評価・表示を行う5段階のラベリング制度である。2014年4月に創設された。建築物の省エネルギー性能の適切な情報提供や、非住宅建築物に関係する省エネルギー性能の一層の向上を促進する役割が期待されているという。また、同制度を取得することで各企業における省エネルギーを通じた社会貢献へのアピール、テナントのビルへの営業ツールなどにも活用することが想定できる。

 今回は、IHI運搬機械(東京都中央区)が施工した自走式駐車場が、LED照明の採用などにより駐車場としては初めて、BELSの最高ランクである「星5つ」ランクの評価を取得した(図)。

 BELSの最高評価を取得した「NPC 24H立川緑町第2パーキング」は、日本パーキング(東京都千代田区)が所有する自走式駐車場。2015年1月に着工し同年8月に完成した。鉄骨造5階建てで、敷地面積が約3000平方メートル。延床面積は約1万1300平方メートル。パーキング内の照明を全てLED照明とすることで消費電力の低減に取り組み、BEI(Building Energy Index/設計一次エネルギー消費量を基準一次エネルギー消費量で除した値)が0.22という値を算出し、最高ランク「星5つ」の評価を取得することとなった。

 IHI運搬機械は、1973年に設立されたIHIグループの運搬機械の総合メーカー。パーキングシステムおよび運搬機械の開発・設計・販売・製造・据付・メンテナンス・改修などの事業を展開し、業界トップシェアを維持しているという。

最終更新:7月27日(水)6時10分

スマートジャパン