ここから本文です

廃炉作業の現状学ぶ 飯舘村が教職員研修会

福島民報 7月27日(水)9時43分配信

 福島県飯舘村の教職員研修会は26日、福島市飯野町の飯舘中仮設校舎で開かれ、村内の幼稚園、小・中学校の教職員が東京電力の石崎芳行福島復興本社代表から東電福島第一原発の廃炉作業の現状などを学んだ。
 原発事故に対する正しい知識を共有し、放射線教育に生かしてもらおうと、初めて東電関係者を招いた。約50人が参加した。石崎代表は廃炉作業の内容や今後の工程、本県再生に向けた福島復興本社の取り組みなどを説明した。
 28日は原子力規制委員会の田中俊一委員長(福島市出身)の講演を聴く。

福島民報社

最終更新:7月27日(水)11時2分

福島民報