ここから本文です

飛ぶ・遊ぶ・観る…夏休み、マイカー利用ファミリー向け“涼しい早朝割引”

レスポンス 7月27日(水)13時0分配信

日本気象協会が「7月28日から暑さが戻ってくる」と伝えているように、これから“夏本番”をむかえる日本列島。近年、マイカー利用のファミリー層に早朝割引を利用した“涼しいレジャー”や“インドアアクティビティ”が受けているという。

[関連写真]

成田空港は、P1・P2・P3・P5駐車場を対象に、0時から朝8時までに入庫、または22時から2時に出庫し、6時間以上駐車すると、駐車場料金が半額になる「早朝・深夜割引サービス」を実施。「涼しい時間に空港に着き、日が沈んだ夜にクルマを走らせて帰宅するという“子持ち層”をよく見る」と係員はいう。

たとえば、普通車をP3に駐車し、朝6時入庫、19時出庫であれば、通常1540円のところ、半額の770円に。同空港では、「夏休みになると、小さい子どもたちを連れたファミリーたちがLCCなどを利用した日帰り旅でこの駐車場割引サービスを利用する」という(5月GWや8月お盆、年末年始は割引対象外)。

また、いろいろなインドア系スポーツが体験できるスポッチャ(ラウンドワン)は、朝5時から8時までに入場すると、12時まで大人1320円、子ども1120円で“遊び放題”になる(各店舗によって条件などが異なる)。「子どもたちは登校時間にあわせて朝早く起きるので、親たちも子どもたちといっしょに起きて朝早くから来場する。子どもを持つファミリーは、熱中症リスクの少ないインドアのアクティビティやスポットを選ぶ傾向にある」とスタッフはいう。

早朝割引は映画館にも。イオンシネマでは、平日10時台までに上映される作品が1本1300円で観られる「ハッピーモーニング」割引を実施。夏休み期間で早朝から上映をしている劇場では、朝の8時台から上映があるため、「涼しい時間帯にマイカーで来場して、快適な温度の館内で映画鑑賞や買い物を楽しむというスタイルが定着し始めている。また、出勤前の朝活と同じように、子どもたちと朝から感動や創造性を共有してリフレッシュしているみたい」と話していた。

スポッチャやイオンシネマが“夏休みファミリー”に受けているのは、熱中症リスクの少ないインドアレジャースポットというほかに「屋外のアクティビティで不意に受けてしまう受動喫煙などのストレスがない、禁煙空間という理由もある」とも話していた。

日本気象協会は、27日8時の時点で「夏休みに入った子どもたちは夏を満喫できそうだが、水分補給をしたり、直射日光を避けて日陰を歩くなど、熱中症対策はしっかりと。また、午後は山沿いや内陸を中心に大気の状態が不安定になりそう。所々でにわか雨や雷雨がありそう。空模様の変化に注意」と伝えている。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:7月27日(水)13時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]