ここから本文です

富士登山始まる 田部井さんと県内高校生ら

福島民報 7月27日(水)9時44分配信

 女性初のエベレスト登頂を成し遂げた世界的な登山家・田部井淳子さん(76)=福島県三春町出身=と福島県内の高校生らが富士山(3,776メートル)の山頂を目指す「東北の高校生の富士登山2016登ろう!日本一の富士山へ」は26日、始まった。2泊3日の日程で富士山の雄大な自然に触れる。
 出発前に静岡県裾野市の水ケ塚公園で開会式を行った。田部井さんが「一歩ずつ登っていけば必ず頂上にたどり着ける。みんなで頑張りましょう」とあいさつした。参加者は「ガンバロー」と気勢を上げ、富士宮市の富士宮登山口から登山を開始した。
 高校生の富士登山は山と渓谷社・日本山岳遺産基金と田部井淳子さんの主催、福島民報社などの後援。東日本大震災の復興支援事業として毎年開催しており、今回で5回目。県内の90人を含む高校生93人が参加している。
 一行は同日、富士宮ルート六合目、標高2,493メートルにある山小屋に宿泊した。友人に誘われて初参加した福島南高2年の寺島優斗(ひろと)さん(17)は夕食のカレーライス2杯をあっという間に平らげた。「景色も良く食事もおいしくて本当に来て良かった。頂上に立つのが楽しみ」と感想を語った。

福島民報社

最終更新:7月27日(水)11時22分

福島民報