ここから本文です

史上初!歌舞伎座で海外映画プレミアに松本幸四郎感慨! 復帰の西田敏行も笑顔 

cinemacafe.net 7月27日(水)21時15分配信

120年を超える歌舞伎座の歴史において初の海外映画の上映会となるディズニー映画『ジャングル・ブック』のジャパンプレミアが7月27日(水)に開催。来日中の主演ニール・セディ、日本語吹き替えキャストの伊勢谷友介、宮沢りえ、西田敏行、松本幸四郎らが出席した。

【画像】『ジャングル・ブック』ジャパンプレミア

ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリの成長や葛藤、動物たちとの絆を描いた本作。ニールが演じたモーグリ以外は全て、CGで描かれているということも大きな話題を呼んでおり、全世界ですでに9億ドルを超える大ヒットとなっている。

ジョン・ファヴロー監督は歴史ある歌舞伎座でのプレミア上映について「光栄であり名誉に思います」と語り「私が尊敬するフィルムメーカーであるジョージ・ルーカス、フランシス・フォード・コッポラなどは、日本の映画を愛してきました。この映画もまた、黒澤明や宮崎駿といった日本の偉大な監督のイマジネーション、創造性に強く影響されていると言えます」と日本への思いを口にした。

幸四郎さんは、歌舞伎役者として監督らを迎える側として、このイベントに特別な感慨を感じているよう。「胸がいっぱいで、感激しています」と語り、さらに「本当に素晴らしい古いものは新しい」とウォルト・ディズニーのアニメから実写として甦った本作、そして歌舞伎座にも通じるメッセージを呼びかけた。

白いスーツで晴れの舞台に登壇したニールも歌舞伎座での舞台挨拶実施に「アメイジング!」と満面の笑み。撮影ではグリーンバックのスタジオで、ジャングルも動物もない中での演技を強いられたが「これまで演技の経験がなかったから『どうやって演じたらいいの?』ってところから始まったけど、隣にいる監督のジョンがすべてを教えてくれたんだ。おかげで、いまではまあまあ悪くない役者になれたんじゃないかな? って思ってるよ」と茶目っ気たっぷりに語り、観客のハートをわしづかみにしていた。

ニールは、一番のお気に入りのキャラクターとしてクマのバルーの名を挙げたが、これにはバルーの声を担当した西田さんは大喜びで「Thank you!」。西田さんは、1月の頸椎の亜脱臼、そして5月の胆のう摘出手術後、公の場に初めて姿を見せたが、今回の仕事について「1月末に頸椎を亜脱臼して入院生活を余儀なくされましたが、退院後のすぐの仕事がこの作品でした。英語版を見て刺激を受けましたし、ニールが演じたモーグリが一人で頑張っているのを見てモチベーションが上がりました。健康なときだったら、もっといろいろ見せてやろうと思ったかもしれませんが、ケガをしてる中で、素直にバルーの良さを感じて、演じられたと思います」と語り、ニールに「もうマブダチです!」とほほ笑みかけた。杖をついての登壇となったが、報道陣からのケガの経過についての問いかけにも「万全です」と笑顔でうなずいていた。

『ジャングル・ブック』は8月11日(木・祝)より全国にて公開。

最終更新:7月27日(水)21時15分

cinemacafe.net