ここから本文です

えっ初耳だけど!?『ダイバージェント』最終作、テレビ映画報道に女優とまどい…

シネマトゥデイ 7月27日(水)22時12分配信

 映画『ダイバージェント』シリーズの最終作が封切りされず、テレビ映画として放送されることを主演女優のシェイリーン・ウッドリーは初耳だとアメリカ・サンディエゴのコミコン・インターナショナルで語った。Digital Spy などが報じている。

【写真】全てここから始まった…1作目『ダイバージェント』

 同シリーズはベロニカ・ロス著の3部作が原作で、3冊目の「ダイバージェント3 忠誠者」は2部構成で映画化されることになっていた。しかし、前編の『アリージアント(原題) / Allegiant』の興行成績が振るわなかったため、テレビ映画「ザ・ダイバージェント・シリーズ:アセンデント(原題) / The Divergent Series: Ascendent」になると、先日Varietyが報じていた。

 これについてシェイリーンは、「正直、その騒ぎが起きたとき、わたしは飛行機に乗っていたの。降りたとたん『いったい何事!?』って感じだったわ」と、まったく聞いていなかったことをコミコンで明かしたという。テレビ版でもトリスを演じるのかと聞かれると、「詳細を聞いて、話し合う必要があるわ」とコメント。自分が出演するのかどうかもわからないほど、寝耳に水の展開だったようだ。

 予定では、最終作の『アセンデント(原題) / Ascendent』は来年6月に公開予定だったという。(澤田理沙)

最終更新:7月27日(水)22時12分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。