ここから本文です

北朝鮮 漢江に韓国非難のビラ流す=初事例

聯合ニュース 7月27日(水)11時30分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は27日、北朝鮮が22日に漢江に韓国を非難するビラが入ったビニール袋を浮かべて流したと明らかにした。

 同本部は、韓国を非難するビラが入ったビニール袋、数十個を韓国軍が金浦市近郊の漢江で回収したとしながら、「関係機関による調査の結果、北が漢江上流から意図的に流したと分析された」と説明した。

 同本部によると、北朝鮮が漢江を利用したビラの散布を試みるのはこれが初めて。

 ビラの内容について同本部は「朝鮮戦争の休戦協定締結日(7月27日)を戦勝記念日とねじ曲げて北の体制を宣伝する内容や、ムスダン(中距離弾道ミサイル)で攻撃すると威嚇するものだった」と伝えた。

 同本部関係者は、北朝鮮が漢江を利用しビラを散布したことについて、「夏場は南風が吹くため風船などを飛ばしてビラを散布するのが難しいためではないか」との見方を示した。

 同本部は漢江全域に対する警戒態勢を強化し北朝鮮の動きを注視していると強調した。

 さらに、北朝鮮が流したビニール袋の中には有害な物質が入っている可能性があるとして、発見した場合は速やかに警察や関係機関に届けるよう呼びかけた。

最終更新:7月27日(水)13時23分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。