ここから本文です

Apple、iPhone不調で2期連続の減収減益

ITmedia ニュース 7月27日(水)7時33分配信

 米Appleが7月26日(現地時間)に発表した第3四半期(4~6月)決算は、売上高は前年同期比15%減の423億5800万ドル、純利益は27%減の77億9600万ドル(1株当たり1.42ドル)と減収減益だった。前期に続き、iPhoneの売上高の大幅減が響いた。それでもアナリスト予測(売上高は420億9000万ドル、1株当たり純利益は1.38ドル)は上回った。

地域別明細

 粗利益率は38%で前年同期の39.7%を下回った。

 ティム・クックCEOは発表文で「iPhone SEの立ち上げは非常に好調だ。また、6月のWWDCで披露したソフトウェアやサービスに対するユーザーや開発者の反応はわくわくするものだった」と語った。

 iPhoneの同四半期の販売台数は15%減の4039万9000台で、売上高は23%減の240億4800万ドル。エントリーモデルのiPhone SEは3月に発売された。次期iPhoneは、例年通りであれば今秋の「iOS 10」リリースに合わせて発売される見込みだ。

 iPadの販売台数は9%減の995万台だった。iPadの販売台数は9期連続の減少。売上高は7%増の48億7600万ドル。同四半期には「iPad Pro」の9.7インチモデルが発売された。

 Macの販売台数は11%減の425万2000台で売上高は13%減の52億3900万ドルだった。

 iTunes StoreやApple Music、その他のサービスなどの売り上げは19%増の59億7600万ドルだった。iTune Storeの売上高は過去最高だった。

 Apple Watch、iPod、Apple TV、Beats Electronicsなどのその他のハードウェア製品の売り上げは16%減の22億1900万ドルだった。

 地域別では、日本以外のすべての地域で売上高が前年同期比減だった。

 7~9月期の見通しについては、売上高を455億~475億ドル、粗利益率を37.5~38%程度と予測した。

最終更新:7月27日(水)7時33分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]