ここから本文です

イチロー2997本目阻止の右翼手が負傷交代 120m飛球好捕でフェンス激突

デイリースポーツ 7月27日(水)9時57分配信

 「マーリンズ-フィリーズ」(26日、マイアミ)

 マーリンズのイチロー外野手(42)がフィリーズ戦に「1番・中堅」で出場し、六回の第3打席まで無安打。メジャー通算安打数を2996本と変わらず、メジャー史上30人目の通算3千安打の偉業まで4本のまま。

 5試合ぶりに先発出場したイチローの初回の打席は右飛。前回21日の対戦で3打数1安打だった右腕のアイクホフの初球、外寄り真ん中の145キロ直球を右中間へ鋭く弾き返したが、右翼ボージャスがフェンス際でジャンピングキャッチの美技で打球をグラブに収めた。大リーグ公式サイトによると、打球の飛距離は120・1メートルだった。

 イチローの長打性の当たりを阻止したボージャスは捕球後にフェンスに激突。右肩を負傷し、二回の守備から交代した。

 三回1死無走者の打席は二ゴロ。1ストライクからの2球目、外角121キロカーブを二塁手の左へ転がしたが、バックハンドからの素早い送球に競り負けた。

 両軍無得点の六回は先頭で二ゴロ。1ボールからの2球目、内寄りの143キロ直球を打って出たが、ゴロの打球は野手の正面だった。

最終更新:7月27日(水)12時21分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]