ここから本文です

平均年齢11歳の次世代アイドル“民謡ガールズ”、メジャーデビューを記念してヒット祈願

M-ON!Press(エムオンプレス) 7月27日(水)19時7分配信

民謡が大好きな小学生から中学生までが集結した、平均年齢11歳の次世代アイドルグループ“民謡ガールズ”が、本日7月27日にキングレコードからミニアルバム『民謡ガールズ』(全5曲収録)でメジャーデビュー。同日、東京・台東区の浅草寺でヒット祈願を行った。

【詳細】他の写真はこちら

民謡ガールズのメンバーは、みさと(中学2年生、岩手県出身)、りお(小学5年生、大阪府出身)、かこ(中学1年生、奈良県出身)、あゆり(小学6年生、埼玉県出身)、ゆとり(小学6年生、神奈川県出身)、ふうか(小学6年生、千葉県出身)、みき(中学3年生、東京都出身)、みやび(小学5年生、群馬県出身)、まつり(小学4年生、北海道出身)、ゆうあ(小学5年生、埼玉県出身)の10人。

古くから歌い継がれているジャパニーズカルチャーである日本の「民謡」を、2020年の東京オリンピックに向けて、世界各国の人たちに発信していきたいという思いを込めて結成された元気で明るいフレッシュなアイドルグループだ。

この日は、10人のメンバー中8人が集まり、浅草寺でヒット祈願を実施。雷門から本堂に行くまでの参道を「民謡ガールズです! よろしくお願いします!」と元気にPRしながら練り歩くなか、大勢の観光客や参拝者に声をかけられたり、写真を求められたりしながら早くも人気ぶりを発揮していた。

賽銭箱の前では「ミニアルバム『民謡ガールズ』がヒットしますように…」と全員で手を合わせ、「このデビューミニアルバムを大ヒットさせ、民謡ガールズの歌(民謡)を世界の人たちに届けたい」とヒットに意欲を燃やした。

その後、老舗のCDショップ「ヨーロー堂」でインストアイベントを開き、多くのファンが詰めかけるなか、民謡を現代風にアレンジして歌ったデビューミニアルバムから「花笠音頭」をはじめ、「おてもやん」「竹田の子守唄」「会津磐梯山」、それに「ソーラン節」の全5曲をかわいらしい振り付けで熱唱した。

リーダーのふうかは「デビューが決まってうれしいです。みんなで元気で明るく楽しいグループにしたい」、ゆうあは「デビューできてうれしいですし、今まで以上に練習していいグループにしたい」、まつりは「多くの皆さんに知っていただけるよう頑張っていきたい」、みやびは「私は歌手になるのが夢だったので、その夢が今日かなって本当にうれしいです」、ゆとりは「デビューして緊張していますが、世界の人たちにいろいろな民謡を知っていただいて、日本の文化を楽しんでいただけたらいいなと思います」。あゆりは「メジャーデビューに驚いています。たくさんの方に楽しんでもらえるようなグループにしたい」、りおは「メジャーデビューできると聞いたときは、もうびっくりしましたが、民謡を世界に発信していくためにもっともっと練習して、世界の方々の心に届くような歌を歌いたい」、みきは「最初、デビューが決まったときは、声も涙も出ないくらい驚きましたが、これからは民謡だけではなく、三味線も面白い、カッコいいなと思ってもらえるよう頑張っていきたい」と今後の意気込みを話していた。

9月22日には、東京・築地本願寺 ブディストホールにて『民謡ガールズ チャレンジステージ』と題した初ステージを開催。要チェックだ。

リリース情報
2016.07.27 ON SALE
MINI ALBUM『民謡ガールズ』

民謡ガールズ OFFICIAL WEBSITE
http://www.nagarapro.co.jp/top/artist/artist.php?id=58

最終更新:7月27日(水)19時7分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。