ここから本文です

【メジャー選手が語るイチロー】メジャーを代表するクローザー・パペルボン「“イチコレ”が好きなんだ」

東スポWeb 7月27日(水)16時35分配信

【イチロー3000安打カウントダウン連載(8)】マーリンズのイチローは史上30人目のメジャー通算3000安打へ向けてカウントダウンに入っている。8人目の証言者はナショナルズのジョナサン・パペルボン投手(35)だ。これまで14度対戦し、12打数3安打1打点、3三振2四球。25日(日本時間26日)時点で歴代9位、現役3位の通算368セーブをマークしているメジャーを代表するクローザーはイチローをどう見ているのか。

 ――あなたにとってイチローとは

 パペルボン:イチローって聞いて思い浮かべるのは「一貫性(不変性とも)」だよね。僕は一貫性の大いなる支持者なんだけど、毎晩コンスタントにプレーし、健康を保ち、フィールドに立つために繰り返される日々のトレーニング、そしてコンスタントに結果を出す、これらをしてきたイチローは僕にとって特別な選手。すでに殿堂入りしていると言える選手。

 ――イチローとの対戦は、どんな対策を

 パペルボン:彼が若いころは、彼が打ち上げるように投げた。今は、ゴロを打たせるように投げている。若いころだとゴロでもイチローだと(足が速くて)ヒットになってしまったけど、今だとアウトが取れる。

 ――年を取ったと?

 パペルボン:あぁ…。(静かにほほ笑む)

 ――一番好きなイチローは

 パペルボン:なんだろな…。(自身が2006~09年に選出された)オールスター戦でいつも彼のファッションを見るのが好きだったかな。

 ――どんな服ですか

 パペルボン:僕が絶対に着ないような服装(笑い)。自分がかっこいいと思っていたら、それでいいんだ。それが、かっこいいんだよ。僕はイマイチって思っていたけどね(笑い)。

最終更新:7月27日(水)17時42分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報