ここから本文です

【五輪サッカー代表】金メダル取り想定した調整

東スポWeb 7月27日(水)16時40分配信

【ブラジル・アラカジュ25日(日本時間26日)発】合宿4日目のサッカー男子代表は2部練習を実施した。主に2対2や3対3などの対人練習に取り組み、守備連係の確認にも時間を割いた。大島は体調不良のため2日連続で練習を休んだものの、手倉森誠監督(48)は「チームは良い速度で進んでいて、自分の思い描いている通りに来ている」と順調な調整に笑顔を見せた。

 この日、1996年アトランタ五輪に出場した秋葉忠宏コーチ(40)が取材に応じ「今はアジア最終予選のように6戦を見越した上でコンディショニングもやっている」と話した。五輪で6試合を戦うとなれば1次リーグ3試合と準々決勝、準決勝、決勝戦(または3位決定戦)まで見据えているということ。初戦ナイジェリア戦(8月4日=同5日)に照準を合わせている一方、メダル獲得の準備もしっかりと進めている。

 27日にはオーバーエージ選手の加入後、初となる練習試合で地元クラブと対戦する。指揮官は「僕は自分のプログラムに絶対の自信を持っているので、選手にも“俺たちはやれる”という自信を持ってほしい。そういう話を(イレブンに)しました」と力を込めた。

最終更新:7月27日(水)17時54分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]