ここから本文です

ドラ1候補の寺島、日米12球団スカウト前で13K

デイリースポーツ 7月27日(水)11時34分配信

 「高校野球大阪大会・5回戦 履正社2-0大体大浪商」(27日・舞洲ベースボールスタジアム)

【写真】どうしても欲しい?阪神スカウト陣も大挙してネット裏から熱視線

 履正社のドラフト1位候補・寺島成輝投手(3年)が、大体大浪商戦に先発。日米12球団のスカウトが視察する中、3安打完封、13奪三振の快投で8強へ進出した。

 立ち上がりからキレのいい直球で、大体大浪商打線を寄せ付けなかった左腕。奪った三振13個のうち、実に12個がストレート。残り1個も140キロのカットボールと、完全に高校生レベルを超越していた。

 ストレートはアベレージで143から144キロ。三振を狙った場合は145から146キロを連発した。最後は2死二、三塁のピンチを招いたが、内角直球で中飛にねじ伏せた。終了直後には珍しくど派手なガッツポーズを見せ「0点にはこだわっていたので、良い感じで投げることが出来ました。今大会では今日が一番(のデキ)」と充実の表情で振り返っていた。

最終更新:7月27日(水)16時1分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。