ここから本文です

猫ひろし「パンツのゴム引き締めて…」 カンボジアの五輪壮行会に出席

デイリースポーツ 7月27日(水)12時38分配信

 リオ五輪男子マラソンカンボジア代表の猫ひろしが26日、ツイッターを更新し、カンボジアで行われた五輪壮行会の写真をアップ、「パンツのゴム引き締めて頑張るぞ」と改めて気合いを入れた。

 ツイッターには、カンボジア五輪代表の5人が、国旗カラーのジャージに身を包み、手を合わせて笑顔を見せる写真をアップ。「カンボジアでオリンピック壮行会。もう本当にあと少しだ。パンツのゴム引き締めて頑張るぞ」と、目前に迫った夢舞台へ、高ぶる気持ちをつづった。

 その後のツイッターでは、5人の代表選手が横一列に並んだ写真をアップ。「綺麗に背の順」とつぶやき、一番右側に一番背が低い猫が立ち、左手で「ニャー」ポーズを取って見せた。

 カンボジアのリオ五輪代表は猫を含めて27日現在6人。競泳、レスリング、テコンドーなどがエントリーされている。猫が出場するリオ五輪の男子マラソンは8月21日に行われる予定。

最終更新:7月27日(水)12時52分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。