ここから本文です

日産、通期利益予想は据え置き…営業利益9%減 第1四半期決算

レスポンス 7月27日(水)18時3分配信

日産自動車が7月27日に発表した2017年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算は、営業利益が前年同期比9%減の1758億円となった。円高が収益の圧迫要因になったものの、主力の北米や中国で販売が堅調だった。

[関連写真]

同期のグローバル販売は1%減の128万7000台で、北米は9%増、中国(1~3月分)は1%増となった。為替は1ドル108円となり、前年同期から約12円の円高だった。営業損益段階での為替変動による減益影響は912億円に及んだ。

純利益は11%減の1364億円となった。通期業績は営業利益で7100億円(前期比11%減)、純利益5250億円(0.2%増)としている従来予想を据え置いた。記者会見した田川丈二常務執行役員は「為替変動の逆風があるが、北米や欧州の販売好調と継続的なコスト改善により、2016年度はいいモメンタムでスタートできた」と評価した。

《レスポンス 池原照雄》

最終更新:7月27日(水)18時18分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]