ここから本文です

L・ローハン、恋人に絞殺されかけた?警察が出動する騒ぎに

Movie Walker 7/27(水) 16:26配信

リンジー・ローハンがロンドンの自宅で早朝5時に恋人のエゴール・タラバソフと大喧嘩になり、「殺される」と大声で叫んで近所の人々を起こして、しまいには警察が出動、ドアを破壊して内部に侵入するという大騒ぎになったという。英紙デイリー・メールによれば、事件が起きたのは7月23日のことで、リンジーの叫び声を聞いた近所の住人が警察に通報したそうだ。

【写真を見る】殺される!?リンジーが恋人に「気が狂ってる」と大騒ぎ

近所の住人が証拠のために撮影したビデオをザ・サン紙が入手しており、その中でリンジーは自分の名前と住所を叫び、「お願い、お願い、お願い。彼が首を絞め、もう少しで殺されるところだった。みんな知ってるのよ。私の家から出て行って」「やりなさい。もう一度やってごらん。あなたは気が狂っている。最悪。あなたは助けが必要よ。ここは私の家。出て行って」とわめているという。

その10分後には、ロンドンの高級住宅街ナイツブリッジにあるリンジーの自宅に警察が到着し、ドアを破って中に入ったらしい。しかし、その時にはすでにリンジーと恋人は不在だったそうで、誰ひとり逮捕も保護もされなかったという。ザ・サン紙が撮影したリンジー宅の玄関のドアには警察によって破壊された跡が残されている。

「彼女の叫び声で目が覚め、ひどく心配になりました。何台も警察の車両が到着し、通りの住人全員が起きて窓から様子を見守っていました」と近所の住人が英紙ザ・サンに証言している。

リンジーは22日に「婚約者が私にすごく怒っている。ハニー、家に帰って、お願い」とスナップチャットに投稿し、続けてエゴールがロシア人の娼婦と浮気していることをほのめかす内容の投稿もしていた。

「やっぱりこうなったかという感じ」「あんまり長い時間はかからなかったね」「リンジーだから別に衝撃は受けない」などの読者コメントが英紙デイリー・メールのサイトには寄せられている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:7/27(水) 16:26

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]