ここから本文です

韓日財務対話 来月27日にソウルで=2年連続開催

聯合ニュース 7月27日(水)16時22分配信

【東京、ソウル聯合ニュース】韓国企画財政部は27日、韓日財務対話を来月27日にソウルで開催する予定だと発表した。英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて不安定になった金融市場の動向などをめぐり、意見を交換するとみられる。また、昨年末に旧日本軍の慰安婦問題の解決に向けて合意し、両国の外交関係が改善に向かうなか、経済面でも協力を強化する策を話し合う見通しだ。

 韓日財務対話の開催は2年連続。2012年8月の李明博(イ・ミョンバク)韓国大統領(当時)による独島訪問、日本での同年12月の安倍晋三政権発足などをきっかけに両国関係が急速に冷え込んだことから一時中断していたが、15年5月に2年半ぶりに再開した。

 韓国側からは柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政部長官、日本側からは麻生太郎副総理兼財務相が出席する。国際金融の担当者のほか財政、税制など内政を担当する高官も同席し、幅広い分野について意見を交わす予定だ。

最終更新:7月27日(水)18時11分

聯合ニュース

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。