ここから本文です

橋下氏VS中山議員 法廷バトル第1Rは中山氏側欠席 橋下氏側も代理人

デイリースポーツ 7月27日(水)14時46分配信

 前大阪市長の橋下徹弁護士(47)らが、自民党大阪府連会長の中山泰秀衆院議員(45)が大阪市との公式会議で述べた「覚せい剤」発言によって名誉を傷つけられたとして、1000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、大阪地裁で開かれた。橋下氏側は代理人弁護士が出席。中山氏側は欠席した。

 橋下氏と、政治家時代から因縁があった中山氏の法廷バトル。開廷時には、手違いがあったようで、橋下氏の代理人も入廷しておらず、双方の姿がない状況に、絹川泰毅裁判長が「おらん!?」と苦笑する一幕も。

 法廷では、裁判長が橋下氏側に提出資料の補足説明を求めたうえで、今後、中山氏側の実質的な答弁書を待つことになり、約15分で閉廷した。

 橋下氏の代理人は閉廷後、取材に「先方は請求棄却は求めるようだが、発言の事実関係を争うのか、その評価を争うのかが見えてこない」と話した。橋下氏の様子などを聞かれると「何かあれば本人がツイッターなどで発信すると思います」と語った。

 訴状では、中山氏が6月12日の自民党と大阪市の「国家予算要望説明会」で、多数のメディアの前で「前の市長の秘書だったかと思いますけど、報道で知ったが、覚せい剤で逮捕されたというのは本当ですか」「市議団の方は当時、質問なさってましたか?」などと発言したと指摘。

 中山議員が重職にあることを挙げ「この発言を聞いた通常人なら、橋下氏が不適切な人材登用を行った任命責任を問われ、厳しく非難されるべきとの印象を強く受ける」とし、「誤った印象の流布」「社会の評価を大きく損なうもので、受けた被害は甚大」としている。

 また橋下氏の市長時代の特別秘書が逮捕された事実はないとし、その秘書が多数の知人から逮捕の真否の問い合わせを受け「精神的苦痛ははかり知れない」「不安感は筆舌に尽くしがたい」としている。

 この日の法廷で橋下氏側は、中山氏の発言に関して「こちらで音声データを所持している」と述べた。

 ◆橋下氏と中山議員…今回の訴訟以前からテレビ番組で討論したこともあり、中山氏が昨年の選挙演説では橋下氏を「安物のヒトラー」と評し、橋下氏も中山氏を「日本一論理力のない政治家」と断じたこともある。

最終更新:7月27日(水)15時10分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。