ここから本文です

マッコリの国際規格策定 韓国政府が提案へ

聯合ニュース 7月27日(水)17時4分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が韓国の伝統酒マッコリを世界に広めるため、国際規格の策定を働きかける。

 農林畜産食品部は27日、食品の国際基準を定めるコーデックス委員会のアジア地域調整部会にマッコリの規格策定を提案する方針を明らかにした。第20回アジア地域調整部会は9月26~30日にインド・ニューデリーで開催される。

 コーデックス規格は加盟国に対する勧告基準で、国際取引の公認ルールとして用いられる。

 農林畜産食品部は9月のアジア地域調整部会で、マッコリは低アルコールであり、消費者の健康増進のためには標準化した規格による管理が必要との点を説明する予定だ。日本の濁り酒などと似ているようでも、製造工程や品質の特性、アルコール含量、用途などが大きく異なることを強調する。

 規格策定の対象に選ばれ、規格が確定するまでは5~6年を要する。農林畜産食品部は2014年にもマッコリの規格策定を提案したが、対象には選ばれなかった。

 マッコリの輸出先は05年の8カ国・地域から15年には48カ国・地域へと大きく広がったが、輸出額は12年の3700万ドル(現在のレートで約39億円)が最高だった。8割以上を占める日本向け輸出が急減し、昨年は1300万ドルにとどまった。

 農林畜産食品部の関係者は「日本以外は輸出先の数と輸出額がともに増加傾向にあり、長期的な輸出環境はむしろ改善している」としながら、コーデックス規格策定の提案を機に新市場の開拓と輸出競争力の引き上げに取り組む考えを示した。

最終更新:7月27日(水)17時8分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。