ここから本文です

大胆セクシー!原作ファン納得の美女キャラは必見

Movie Walker 7/27(水) 18:26配信

“ほとんど裸”というほど、超過激な衣装を身にまとった美女がド派手なアクションを披露するという、気になる情報がはいってきた。そんなチェックせずにはいられない女性が登場するのは、来月8月11日(祝)に公開される、『X-MEN』シリーズの最新作『X-MEN:アポカリプス』。

【写真を見る】美しすぎる強敵サイロックに若きX-MENはどう立ち向かう?

本作は、文明の誕生以前から“神”として君臨していたミュータント、アポカリプスが堕落した人類を正すため“黙示録の四騎士”と呼ばれる4人のミュータントを招集し地球滅亡を企てる、というストーリー。その四騎士の中の一人で、ひときわ目をひくのが、女の殺し屋サイロックだ。

サイロックは長い黒髪に日本刀を持った出で立ちで、テレパシーを操りながら忍者の技も駆使するという、それだけでも特異なキャラクターなのだが、注目すべきはボディラインがはっきりとわかるほどタイトで、胸の部分が大胆に露出し、かなりカットの深いハイレグという目のやり場に困るほどのコスチューム!過激すぎるこの衣装は原作コミックに登場する姿そのもので、ファンも納得のできに仕上がっており、本作の衣装デザイナーは「彼女はほとんど何も着ていないようなものよ」とコメントするほど。

このエロすぎるサイロックを演じるのは『アイアンマン2』(10)に出演し、注目を集め、『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』(15)で持ち前の美貌を生かし、ジョニー・デップを誘惑する謎のセレブ美女を演じたことでも記憶に新しい女優オリヴィア・マン(36)。彼女はモデルとしても活躍していて、2011・12年には英男性誌マキシムが選ぶ「世界で最もホットな女性100人」の第2位に選ばれた経歴も持ち、美しさは折り紙つき。

そんなオリヴィアなのだが、実は8歳から16歳までを日本で過ごしていたという。「当時焼きそばが好きでよく食べていた」と以前インタビューで語っていた彼女は、今回この衣装に挑戦したことについて「ファンの期待に応えることが私には大切だったの。なぜって、私自身がファンだからよ」と原作ファンとしての一面を明かしつつ、期待に対する自信ものぞかせている。

日本人としてぜひ注目しておきたいオリヴィアが、強くてセクシーなサイロックとしてド派手に暴れまくる『X-MEN:アポカリプス』の公開が今から楽しみだ。【Movie Walker】

最終更新:7/27(水) 18:26

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]