ここから本文です

「ザ・ウッズ」は「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」続編だった!タイトル変更決定

映画ナタリー 7月27日(水)16時0分配信

「ザ・ゲスト」のアダム・ウィンガードが手がけたスリラー「ザ・ウッズ」の邦題が「ブレア・ウィッチ」に変更されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは現地時間7月22日、米国サンディエゴにて開催中のコミコン・インターナショナルでのプレミア上映会で、原題が「The Woods」から「Blair Witch」に変更されたのにあわせたもの。旧邦題「ザ・ウッズ」は先週発表されたばかりだった。本作は1999年公開の大ヒットスリラー「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の15年後を描いた続編となる。

魔女伝説が残る森を舞台に、映画撮影中に失踪した男女3人の恐怖をモキュメンタリー形式で映し出した前作。「ブレア・ウィッチ」では、行方不明になったヘザーの姿をYouTube上の動画で見つけた弟が、友人らと事件現場を訪れ、やがてそこに潜む得体の知れない“何か”の恐怖に苛まれていく姿を描く。

「ブレア・ウィッチ」は12月1日より、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にてロードショー。



(c)2016 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

最終更新:7月27日(水)16時0分

映画ナタリー