ここから本文です

ベンツ新型「Eクラス」発表 自動運転技術「ドライブパイロット」初搭載

ITmedia ビジネスオンライン 7月27日(水)13時46分配信

 メルセデス・ベンツ日本は7月27日、新型「Eクラス」を発表し、受注を開始した。自動運転機能や安全装備を強化している。675万円(税込)から。

【ステアリングにタッチセンサーを初搭載】

 同社プレミアムセダンの10代目。新たに搭載した「ドライブパイロット」は高速道路や渋滞時などにドライバーを支援する先進的なクルーズコントロール。先行車との車間距離に加え、周囲の車両やガードレールなどを常時監視することで、ステアリングアシストが作動する状況が拡大しているという。車線が表示されていなかったり、不明瞭な場合でも先行車を追従することもできる。

 同社としては初搭載となる「アクティブブレーンチェンジングアシスト」では、ウィンカーを2秒以上点滅させると、センサーが周囲の安全を確認した上で自動的に車線を変更する。また、走行中にドライバーが気を失うなどした場合、自動的に車線を維持しながら緩やかに減速・停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」を世界初搭載した。

 避けられない衝突を検知すると車内スピーカーから鼓膜の振動を抑制する音を発生させ、衝撃音の内耳への伝達を軽減するという「PRE-SAFEサウンド」など、安全機能を強化している。

 ホイールベースは先代から65ミリ長くなっている。エンジンはガソリン(2.0リットル直列4気筒ターボ、3.5リットルV型6気筒ツインターボ)とディーゼル(2.0リットル直列4気筒ターボ)。

 インテリアでは、12.3インチ(1920×720ピクセル)のデュアルディスプレイを搭載。また世界初という、タッチコントロールを組み込んだステアリングホイールを採用し、手を離すことなく各種操作が可能になっているという。

 7グレードをラインアップし、価格は「E 200 アバンギャルド」が675万円(税込)、「E 220 d アバンギャルド」が698万円(同)、「E 400 4MATIC エクスクルーシブ」が988万円(同)など。

最終更新:7月27日(水)13時46分

ITmedia ビジネスオンライン

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。