ここから本文です

【ボート】上條暢嵩G1初1着で水神祭 レース後に松井繁、田中信一郎らに祝福される

デイリースポーツ 7月27日(水)17時10分配信

 「太閤賞・G1」(27日、住之江)

 2日目(27日)1RでG1初出場の上條暢嵩(22)=大阪・110期・A1=がインから逃げ切り、待望の初1着を挙げた。

 今期、初のA1昇格を果たした上條。初日は6着と思わぬ発進となったが「きょう(27日)は気合が入っていた」と、コンマ13のスタートを決め、インからきっちり先マイ。後続を寄せ付けず、勝利のゴールを駆け抜けた。

 レース後には松井繁、田中信一郎、湯川浩司ら大阪支部の先輩から水神祭の祝福を受け「すごいメンバーに祝福されて恐縮でした」とずぶぬれで照れ笑い。「きょう勝って準優を狙える位置に来たので、精いっぱい頑張ります」。水神祭後は予選突破へ向けて、気合を入れ直していた。

最終更新:7月27日(水)17時55分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。