ここから本文です

Microsoft、機械学習採用の「Editor」など、WordとPowerPointに新機能を追加

ITmedia ニュース 7月27日(水)14時43分配信

 米Microsoftは7月26日(現地時間)、「Office 365」のWordとPowerPointの新機能を発表した。いずれもOffice 2016を利用するOffice 365加入者向け。

指摘する理由も表示

Word:ネット上の論文などを引用しやすくする「Researcher」

 Researcherは、作成中の文書にネット上の信頼性の高いソースから論文やその一部を引用するための機能。メニューから「Researcher」を選ぶと画面右側にResearcherコーナーが表示され、ここに引用したいトピックを入力すると、候補が表示される。Microsoftの「Bing Knowledge Graph」を採用しており、ソースはMicrosoftが選択したものだ。

Word:文章の間違えや不適切な表現を指摘する「Editor」

 Editorは、機械学習および自然言語処理技術を採用する、文字通り編集者のような機能。文章内の問題点を抽出し、代替案を表示する。

 まずは、曖昧な表現などの言い換えを指摘する。Microsoftの例では、「the majority of」を「most」に言い換えるよう提案している。

 今秋にはさらに機能が増え、スペリングや文法上の誤りを指摘する際、その理由を説明するようになる。

PowerPoint:表示したいスライドにすぐ飛べる「Zoom」

 Zoomは、スライドショーモードのままランダムなスライドに飛べる機能。例えば発表後の質疑応答の際などに役立ちそうだ。

 Zoomは現在、PowerPoint 2016を使っているOffice Insiderのメンバーのみ利用可能だ。

最終更新:7月27日(水)14時43分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]