ここから本文です

明徳義塾7連覇 馬淵監督「甲子園では勝ちにこだわりたい」

デイリースポーツ 7月27日(水)17時21分配信

 「高校野球高知大会・決勝、明徳義塾4-2中村」(27日、高知県営春野)

 明徳義塾が、粘る中村を振り切り7連覇を果たした。

 初回に1死三塁から3番・西浦颯大内野手(2年)の右翼線適時二塁打で先制すると、三回には2番・西村舜外野手(3年)が左越えソロ本塁打を放ち1点を追加。七回にも2番・西村の適時三塁打で追加点を奪い、八回には2死二塁から8番・高村和志主将(3年)のタイムリーでリードを4点に広げた。

 しかし九回、それまで無失点と好投を続けていた先発のエース・金津知泰投手(3年)が崩れる。1安打と2死球で無死満塁のピンチを招くと、中村の4番・北原野空内野手(2年)に左越え2点適時二塁打を浴びた。

 2点差に迫られ、なおも無死二、三塁のピンチで、明徳義塾は金津から2番手・中野恭聖投手(2)がマウンドへ。中野は5番・渡辺大晴投手(3年)を二直に打ち取ると、痛烈な当たりで二塁走者が飛び出しダブルプレーに。最後は6番・中野聖大内野手(2年)を空振り三振に仕留めて逃げ切った。

 馬淵史郎監督(60)は「7年連続なんて夢みたい。金津がよく投げたし、西村がよく打った。選手たちは大したもんだと思います。甲子園では勝ちにこだわりたい」と喜びを語った。

最終更新:7月28日(木)3時19分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報