ここから本文です

衝撃の「ADIのリニア買収」背景と今後

EE Times Japan 7月27日(水)14時50分配信

 まさか、あのリニアテクノロジーが買収されるとは――。

 2016年7月26日(米国時間)にAnalog Devices(ADI、アナログ・デバイセズ)がLinear Technology(リニアテクノロジー)を買収すると発表した。共に米国に本社を置く、大手アナログ半導体専業メーカー。買収額148億米ドルであり、2011年にTexas Instruments(TI)が65億米ドルでNational Semiconductor(NS)を買収して以来の、アナログ専業メーカー間の大型M&Aとなった。

【『Linear Technology買収後のAnalog Devices業績イメージ』などその他の画像】

 アナログIC最大手のTIがNSを買収して以来、アナログIC業界でM&Aを模索する動きは続いていた。多くのメーカーがシェアを分け合うアナログIC市場において、TIがNSを買収して2位に大差をつける絶対的なシェア首位となり、2位以下のメーカーがTIを追うべくM&Aを模索してきた。Infineon TechnologiesによるInternational Rectifier(IR)の買収、ON SemiconductorによるFairchild Semiconductorの買収(成立見込み)などだ。他にも、今回の主役であるADIによるMaxim Integrated買収などのウワサも絶えずあった。

 そのような中でもLinear Technologyに限っては、そうしたアナログIC業界の再編劇とは無縁の存在と目され続けてきた。

■営業利益率40%超!

 Linear Technologyは、営業利益率10%を超えれば優良企業とされる半導体業界にあって、常に40%を超える営業利益率をたたき出す“超”の付く優良半導体メーカーだ。同日開示された2016年6月期業績も売上高14億2393万米ドル、営業利益6億3355万米ドルと、営業利益率44.5%を誇る。

 こうした超高利益率の事業を展開できる背景には、1981年の創立以来、貫いてきたハイエンドアナログに特化する独自経営戦略がある。同社最高技術責任者(CTO)Robert C. Dobkin氏も以前のEE Times Japanとのインタビューで「競合他社が作れるようなものは開発しない」と言い切るなど、自社の高い技術力をベースに、競合が追従できないハイエンドアナログIC領域に集中して事業を展開してきた。デジタル家電最盛期の2000年代はじめには、民生機器市場で独自性が発揮できないとし、当時主力用途だった民生機器向けのビジネスに見切りをつけて大胆に縮小するほど、独自性重視の姿勢を徹底している。

 そのためLinear Technologyが最優先するのは自社の技術力を高めることにあり、規模を追う側面が大きいM&Aには一切興味を示さず、創業15年間で行ったM&Aは、本業のアナログICとは関係性が薄い無線用LSIベンダーのDust Networksを買収した程度だった。

■創業メンバーの高齢化

 こうした独自戦略を貫き、高収益を誇るLinear Technologyが、ADIによる買収に応じたという一報を聞き、国内半導体業界関係者も口々に「あのリニアが、まさか」という驚きの声を上げている。

 Linear TechnologyがADIの買収に応じた真相はまだ分からないが、Linear Technologyは、経営幹部の世代交代時期を迎えていることが一因にあると推測される。会長のRobert H. Swanson氏が78歳、CTOのDobkin氏が72歳と経営の要として活躍を続ける創業メンバーが高齢に達しつつあり、世代交代を模索する上で、老舗アナログICメーカーであり、Linear同様、高利益率を誇るADIへの事業売却の選択肢が浮上した可能性がある。

■大きな買収効果見込めるADI

 一方、Linear Technologyを買収することになったADIは、大きな買収効果が見込める。

 ADIは、世界シェア首位とみられるA-D/D-Aコンバーターを中心にアンプやRFなどの信号処理系アナログICで売上高34億米ドル(2015年10月期実績)の大半を稼ぐ。一方で、電源系アナログICは苦戦が続き、ADIの弱点となっていた。買収するLinear Technologyは、信号処理系も広く扱うが、どちらかと言えば電源系が主力であり、ADIにとっては弱点が大きく解消されることになる。信号処理系では製品競合が生じる見込みだが、両社の技術ノウハウの統合などによる技術面での相乗効果も大きく期待でき、大きな問題とはならないだろう。

 ADIの売上高は、Linear Technology買収が完了すれば50億米ドル前後となり、20億米ドル台でメーカーがひしめくシェア2位グループから頭1つ抜けだし、シェア単独2位となる。シェア首位のTIのアナログIC事業売上高は83億米ドル(2015年度実績)であり、まだ30億米ドルの開きがある。ただ、半導体メーカーにとってうま味が多いハイエンド領域に限れば、ADI+Linearが上回る可能性もあり、新ADIは、他のアナログICメーカーにとって大きな脅威となるだろう。

 営業利益率についても、Linear Technologyの44.5%に及ばないが、ADIは直近業績で34%と高い。そのため、買収後の新ADIとしても38%程度の営業利益率を確保する見通しだ。

■独自と伝統

 今回の買収による懸念点を挙げるとするならば、独自に築き上げてきたLinear Technologyの開発体制、企業文化をADIがうまく継承できるかどうかだろう。独自の開発体制、企業文化は超優良メーカーLinear Technologyの競争力の源泉だ。Linear Technology以上の歴史を誇るADIの伝統と、どう折り合いを付けて統合していくのか。新ADIの経営層には、その手腕が問われることになりそうだ。

■電源ICで「Linear」ブランド継続へ

 なお、ADIでは買収が完了する予定の2017年上半期から2020年までの間を3段階に分け、統合作業を進めていく方針。まず、第1段階で間接部門で、第2段階で製造部門、第3段階で販売部門とそれぞれ相乗効果発揮を見込んでいる。また、電源IC製品に関しては、買収後もLinear Technologyブランドで製品展開する方針も明らかにしている。

最終更新:7月27日(水)15時30分

EE Times Japan