ここから本文です

箕島3年ぶり決勝進出 尾藤強監督が育てた“チルドレン”ノーシードで猛攻

デイリースポーツ 7月27日(水)17時59分配信

 「高校野球和歌山大会・準決勝、箕島7-1和歌山東」(27日、紀三井寺野球場)

 和歌山大会準決勝で箕島が和歌山東を下し、前回甲子園に出場した2013年以来の決勝進出を果たした。四回に5番・田中脩也捕手(3年)の2ランで先制すると、五回は4連打を含む6安打5得点。先発した福居蓮矢投手(3年)が8安打1失点で完投した。

 故尾藤公・元監督の長男で13年から母校を率いる尾藤強監督(46)が、初めて1年時から育てたのが現在の3年生。今夏はノーシードから勝ち上がった。同監督は中盤の猛攻を「お調子者が調子に乗った」と言いながらも「各自が思い切って振れた。田中脩(の本塁打)がチームに勇気を与えた」とナインの成長を認めた。

 同監督が就任1年目に出場した夏の甲子園を見て箕島に憧れたという田中脩は「監督からいろんなことを学んだ。1年生の時は本当によく怒られた」と振り返る。「配球面もそうだけど、人間的なこと。捕手が落ち込んだら投手に伝わるとか」

 この日、指揮官は大差がついてもわずかな隙が見えると伝令を送り、終盤は4選手を代えて守備を固めた。決勝進出を「本当は喜びたいけど、明日勝たないと甲子園に行けないから」と気持ちを引き締めた田中脩。背番号10の福居も「高校野球は気持ちが一番大切」と言う。「謙虚に」という指導はナインに浸透している。

 決勝の相手は今春のセンバツに出場した市和歌山。大一番を前に尾藤監督は「ワイワイやるのがチームカラー。最高に大好きな野球を徹底して楽しむ。そして勝ちきるようにしたい」と語った。“尾藤スマイル”で知られた父の公さんも、厳しく楽しい野球が身上だった。3年ぶりの聖地を決めて、全員で最高のスマイルを咲かせてみせる。

最終更新:7月27日(水)18時16分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報