ここから本文です

NMB48・藪下柊お見事ノーバン始球式

デイリースポーツ 7月27日(水)18時15分配信

 「阪神-ヤクルト」(27日、甲子園球場)

 NMB48・藪下柊(17)が、ファーストピッチセレモニーで投手を務めた。ワインドアップでノーバウンド投球に成功。大の虎党であるだけに「めっちゃ楽しかった。夢がかなった」と笑顔を見せた。

 「ウル虎の夏2016」を盛り上げるために参加。岩田の大ファンということで背番号21のユニホームを着ていた。2軍暮らしが続く左腕に向けては「後半戦にローテに入っていただけたら」と願いを込めた。

最終更新:7月27日(水)18時46分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。