ここから本文です

消費者庁と総務省が「ポケGO」の注意喚起を掲載 「ポケストップは一般ユーザーも削除リクエスト可能」

ねとらぼ 7月27日(水)15時57分配信

 消費者庁と総務省が、スマートフォン用アプリ「ポケモンGO」についての注意喚起を掲載しました。同作の特徴や、プレイしている人への注意事項などが書かれています。

【注意喚起に添付された削除リクエストの画像】

 プレイしていない人向けに書かれた特徴の紹介では、「時間や場所によって画面上の地図に示される情報が変化します」「ポケモンがさまざまな場所で出現します」「ゲームをするために土地勘のない場所に行くことがあります」など、プレイしている人がどのような行動を取る可能性があるかについて記載されています。

 プレイしている人への注意事項としては、「『ながらスマホ』は危険です!」「危険な場所に立ち入らない!」「急に立ち止まるのは危険です!」「ポケストップやジムの削除リクエストができます!」など、周囲の迷惑や、危険な行為をしないようプレイ上の注意が記載されています。特にポケストップやジムの削除リクエストについては丁寧に説明されており、ゲーム公式サイトへのリンクや画像付き。

 「ポケモンGO」には、過去に内閣サイバーセキュリティセンターや警視庁公認ケモノ娘「テワタサナイーヌ」も注意喚起を掲載しています。

最終更新:7月27日(水)15時57分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]